仮想通貨 仮想通貨ニュース

韓国最大手取引所、シンガポールで立ち上げでアルトコインに追い風⁉️

投稿日:

韓国最大手の暗号通貨取引所、Upbitを運営するDunamu社が、Upbitシンガポールの立ち上げを正式発表しました。

Upbitシンガポールのアレックス・キムCEOによると、2018年10月より本格稼働し、シンガポール在住の利用者は、Upbitのパートナー取引所であるBittrexと連携して、全ての通貨を取引出来るようになるようです。

しかも、取引は24時間365日のセキュリティ監視とファイアウォールにより守られるとのことです。

キムCEOは、下記のようにコメントしています。

「Upbitの安全で便利な取引サービスには自信を持っている。Bittrexとの連携によりシンガポールドル、ビットコイン、イーサリアム、USDTの取引が始まれば、利用者には大きな魅力になるだろう。グローバル市場でのUpbitの存在感もより高まるはずだ」

現在、韓国では、ブロックチェーン規制ガイドラインの成立が近いと見られているものの、いまだ不透明な状況が続いています💦

その先行きの見えない韓国暗号通貨規制とは対照的に、新天地シンガポールでは、ブロックチェーン分野で様々なビジネスやプロジェクトを追求する機会がもたらされるだろうと見ているようです。

さらには近い将来、韓国でのガイドラインが成立し、韓国とグローバル市場の架け橋となり、多くの企業が競争力を発揮していくようになるだろうとも期待しているとのことです。

その上、今週前半、世界最大の暗号通貨取引所Binanceが、Binanceシンガポールの立ち上げを発表したばかり。法定通貨シンガポールドル(SGD)建て暗号通貨取引を行うことのできる取引所の計画があることを明かしました。

このように、BinanceだけでなくUpbitも海外に拠点を増やし、各国の通貨を通貨ペアに据えて取引の幅を広げることは、暗号通貨にとっては、大きな追い風となります。

特に恩恵を受けるのはアルトコインです。これら2つの取引所は暗号通貨投資家の方ならご存知の通り、かなり多くの暗号通貨ペアを提供しているからです。

さらに❗️
今回の事は、現在価格上昇の大きな障壁の一つといえる「出来高」を増やすことに、大きく貢献すると考えられています。大手取引所の規制に則った海外展開の動きは、出来高上昇の恩恵を受けやすいアルトコインにとってかなり大きな追い風となる可能性があります。

今年の秋はアルトコイン祭りになるかもしれませんね。

-仮想通貨, 仮想通貨ニュース

テキストのコピーはできません。

Copyright© ネットで副業始めよう! by CryptoInfoCube , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.