仮想通貨 仮想通貨ニュース

英コンサル:日本の金融庁に最高評価の格付

投稿日:2018年9月15日 更新日:

暗号通貨やICOに対する金融庁の取り組みに対し、総合評価で最も高い「支持者(advocate)」という格付けがされています。

投資銀行やヘッジファンド、資産運用会社に対して助言を提供している英リサーチ機関グレースパーク・パートナーズによって出されたものです。

ここでは、日本の金融庁の取り組みに対し「投資家と市場の成長を守るべく規制を強化する一方で、制裁を加えた」と評価し、日本は「厳格なルールに従うことができる暗号通貨取引所にとってホットスポット」になりつつあると指摘しました。

その結果、下記のように評価されています。

〇「暗号通貨に対する友好性」:満点「容認(embracing)」

〇「ICOに対する友好性」:「慎重であるものの好意的(cautiously in favor)」

〇総合評価:最高評価「支持者(advocate)」

日本より評価の高い国としてあげられているのは、スイスやマルタ、ウクライナなどの国々ですが、

一方で、米国や英国、韓国に関する総合評価は一段低い「発展中(developing)」。

中国に関しては「敵意がある(hostile)」という見解を示しています。

コインチェックのNEM流出事件以来、暗号通貨業界では常に金融庁の顔色を伺うようになりました。でも、行政処分、業務改善命令、仮想通貨交換業登録の審査の厳格化などの対応が「投資家と市場の成長を守るべくの規制」と評価されたのですね❗️

このように世界の動きを見ていると、日本の暗号通貨市場が復活するのは時間の問題かもしれません。

-仮想通貨, 仮想通貨ニュース

テキストのコピーはできません。

Copyright© ネットで副業始めよう! by CryptoInfoCube , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.