却下済み9つのビットコインETF申請見直しへ

却下済み9つのビットコインETF申請見直しへ

先日、ETFとは何か?
ETFが与える影響について解説しましたが

またETFについて良いニュースが。

米証券取引委員会(SEC)は一度却下した
9つのビットコインETF申請に関して、

一部ルールの修正で、見直す方針を示したようです!

対象となるのは、プロシェアーズなど3社が提出した
9本のビットコインETF(上場投資信託)の申請。

ディレクシオン5本、
グラナイトシェアーズとプロシェアーズは
それぞれ2本。

SECはこれらの申請を一度却下しましたが

9つ全てのETF申請において、
さらなる民間意見調査を募るようです。

期限は10月26日。

SECはまた別にシカゴ・オプション取引所(Cboe)
が提出したビットコインETF「SolidX Bitcoin Shares」
(ヴァン・エック社(VanEck)とソリッドX社(SolidX)が提供)

申請に関する承認の是非の判断を早くて
12月に行う予定となっています!

また、ETF承認へ一歩踏み出したという形でしょうか。

ETF承認がされれば仮想通貨市場は、
一気に盛り上がりを見せると思いますので

ETFのニュースについては、
チェックしておくと良いですよ。

3連休の相場は全く動きがないようですが
来週、再来週から相場が一気に動きそうな予感です…

テキストのコピーはできません。