GMOコインで購入したリップル(XRP)をPLUS TOKENに送金する方法

この記事では、GMOコインで購入したリップル(XRP)をPLUS TOKENに送金する方法を説明します。

日本円を銀行から銀行へ送金する時、「銀行名・支店名・口座番号」を指定して、振り込みをしますよね。

仮想通貨の送金も同様です。

仮想通貨の場合、「銀行名・支店名・口座番号」に相当するものが「アドレス」と言うものになります。

なので、GMOコインから、PLUS TOKENのXRPアドレス宛てに送金手続きをすればOKです。

その手順を、ステップバイステップで説明していきますね。

PLUS TOKENのXRPアドレスをGMOコインに登録

PLUS TOKENのXRPアドレスを取得

まず、PLUS TOKENのアプリを起動してください。

少し下にスクロールします。

XRPが現れますので、XRPをタップします。

右下の「転入」をタップします。

「アドレスをコピーする」ボタンをタップします。

これで、PLUS TOKENのXRPアドレスが取得できました。

GMOコインにPLUS TOKENのXRPアドレスを登録

次に、GMOコインのアプリを起動してください。

左上の「三」アイコンをタップします。

少し下にスクロールします。

「入出金-仮想通貨」をタップします。

少し下にスクロールします。

「リップル」をタップします。

「送付」をタップします。

「+新しい宛先を追加する」をタップします。

名称:ご自身が分かりやすい名称を入力下さい。

宛先タグ:111111(1を6つ)入力して下さい。

リップルアドレス:PLUS TOKENでコピーしたアドレスを張り付けてください。

下図は、私の例です。

キーボードを引っ込めます。

「登録する」をタップします。

「閉じる」をタップします。

これで、GMOコインに、PLUS TOKENのXRPアドレスが登録できました。

次は、送金します。

GMOコインからPLUS TOKENに送金

先ほど、登録したPLUS TOKENのXRPアドレスが表示されていますね。

右の〇をタップして、選択します。

PLUS TOKENのXRPアドレスが選択されました。

送金する、数量を入力します。(送付可能額全額)

入力したら、少し下にスクロールします。

「2段階認証を行う」をタップします。

「閉じる」タップします。

スマホに、SMSでコードが送られてきますので、コードをメモしてください。

先ほどメモしたコードを入力します。

「確認画面へ」をタップします。

「実行」をタップします。

これで、PLUS TOKENへの送金手続きが終わりました。

PLUS TOKENウオレットへの反映は、長い場合1時間ほどかかります。

 

テキストのコピーはできません。