オーナー権利

1口月収見込約60万‼オンラインパチンコ・パチスロオーナー権利募集開始

投稿日:2019年11月8日 更新日:

アジア最大のオンラインカジノ会社(AsisGaming)が、オンラインパチンコ事業を始めます。

このオンラインカジノでは、常時4~5万人のユーザーが遊んでいます。

したがってイチからの集客でなく、すでにゲームユーザーを抱えている状態でスタートしますので、スタート直後からの利益が期待できます!

今回の事業には、これまでリアルパチンコ・パチスロ台を作り続けた国内複数のパチンコ・パチスロメーカーや、大手パチンコ〇〇アもコンサルとして携わっており、パチンコ業界としても新しい時代への対応に取り組んでいます。

オーナー様への権利配当は、ホールの売り上げから、経費等を除いた分を、口数配分で利益配当致します。

〇〇アコンサルによるシミュレーションによると

オーナー様への権利配当は、1口で月配当見込約60万円との試算が出ております。

※このシミュレーションの計算式等については、ブログには書けませんので、ご希望の方のみに詳細資料をお渡しします。

⚠️注意事項⚠️

  • 坂本よしたか氏が、販売しているアマテラスコインとは全く関係ありません。
  • Amuliveとも全く関係ありません

なぜオンラインパチンコ・パチスロなのか?

日本国内では、国の様々規制でユーザーが離れ「昔は楽しかった、爆裂機またうちたいな。。」という声あり、ホールからは人が離れて行っているのが現状です。

一方で、現金化できないスマホアプリでは人気があり、500万人登録などゲーム性は人気で、パチンコ黄金期を体感した記憶を忘れられないユーザーが多数登録し遊んでいます。
http://www.777next.jp/

この様なパチンコ黄金期のパチンコ・パチスロが、 換金可能なゲームとしてオンラインで復活します!
そう、あの爆裂機があった4号機がオンラインで復活です!

海外の方たちからもパチンコ、パチスロは人気です。
(ニュースなどでも取り上げられています)
https://www.data-max.co.jp/article/31361

TechnoGaming

AsiaGaming(AG)は、直営オンラインカジノサイトとしてPhoenixGamingを始め、その他多数のオンラインカジノサイトにフランチャイズ形式の様にプラットフォーム提供しアジア最大規模になりました。

AsiaGaming YouTubeチャンネル

数あるカジノサイトはできては潰れてで、継続して運営できているところはそこまでありませんが、AGは15年間も運営しています。

そして、AGの現在の1日の利益は約12億と、とんでもなく稼いでいる会社となります。

そんな AGが新たにオンラインパチンコ・パチスロ事業を立ち上げるために設立された会社がTechnoGaming(TG)になります。

TechnoGamingの強み

AsiaGamingのノウハウとユーザー数

やはり、アジア最大のオンラインカジノ会社AsiaGaming(AG)が親会社であるとこです。

創業から15年間オンラインカジノを運営してきたAGが培ってきたノウハウ、そしてユーザー数は一番の強みとなります。

合法的な運営

合法運営は当たり前の事なのですが、未認可や未ライセンスで運営している違法サイトは数知れず存在します。

AGは、もちろんフィリピン政府からの許可を受け、FirstCagayanPAGCOR (パグコール) からの認可ライセンスも取得し、運営をしております。

この度、TGがオンラインパチンコ事業を始めるに当たり、フィリピン政府からの認可を受け、PAGCOR(パグコール)から5年ぶりの認可ライセンスを取得しました。

合法的、ライセンスおよび認可されている運営だからこそ、継続して運営する事ができますし、お客さまも安心して遊ぶことができます。

国内メーカー、大手パチンコチェーン店が賛同

そして、長年リアルパチンコ・パチスロ台を開発してきた複数の国内メーカーが、TechnoGaming(TG)のパチンコ・パチスロを開発します。

また、国内の規制が厳しくなり、縮小し続ける国内パチンコ業界において、大手パチンコチェーン店も活路を見出すべく、TGへ賛同し参加してきています。

これら国内メーカーやパチンコチェーン店には、お客様を楽しませるノウハウ等が蓄積されており、TGのオンラインパチンコ・パチスロに活かされます。

パチンコユーザーに使いやすい環境

これまで、BET365などのブックメーカーや、オンラインカジノなどで遊んだ経験のある人は知っているかと思いますが、海外で運営されていますので、法定通貨での入出金は、海外の収納会社などを介する必要があり、面倒くさく手数料なども必要となってきます。
また、それが敷居が高いと感じる方もいます。

ビットコインでの入出金も可能ですが、日本国内において仮想通貨保有率は11%と言われています。
つまりは、ビットコインカジノ等は、カジノで遊びたい人口の11%しか利用しません。

TGは、仮想通貨での入出金に加えて、クレジットカードでの入金、ユーザー登録時に送付されるデビッドカードを用いて最短30分以内にコンビニ等のATMで出金が可能です。

つまり、法定通貨でストレスなく入出金ができるプラットフォームになっているのです。

したがって、仮想通貨ユーザー以外の一般ユーザーにも裾野を広げる事ができ、ストレスフリーで法定通貨での入出金ができますので、パチンコ・パチスロファンの全ての人が利用できる環境を整えています。

オーナー配当に関して

配当率について

オーナー様には、ホール売り上げから諸経費を除いた定められた配当率で口数分配されます。

なお、配当率は募集期によって異なります。
募集期は3期までとなり、早期の権利購入では配当率が高めに設定されています。

1期募集

口数配当率
0.5口10%
1口23%

2期募集

口数配当率
0.5口9%
1口20%

3期募集

口数配当率
0.5口8%
1口17%

見込み配当額について

冒頭で記載した〇〇アコンサルによる収益シミュレーションは、稼働率60%の条件で、1期募集で1口購入した見込み配当額となっています。

稼働率60%は、AGのオンラインカジノと〇〇アコンサルの過去データから導き出されたようです。

募集期、口数と稼働率によって、いくらぐらいの見込み配当額になるかを下記に示します。

1期募集

稼働率0.5口1口
30%約13万円約30万円
40%約17万円約39万円
50%約21万円約48万円
60%約26万円約60万円
70%約30万円約69万円

2期募集

稼働率0.5口1口
30%約12万円約26万円
40%約15万円約34万円
50%約19万円約42万円
60%約24万円約52万円
70%約27万円約60万円

3期募集

稼働率0.5口1口
30%約10万円約22万円
40%約14万円約29万円
50%約17万円約36万円
60%約21万円約44万円
70%約24万円約51万円

オーナー権利募集について

11/6より、オーナー権利販売開始しました。

用意されている口数は合計2800口となり、3期に分けて販売されます。

販売価格

募集期と口数によって、価格が異なり、早期の権利購入では割安での価格設定になっております。

上記で述べた配当率と購入価格から、1期での購入が大変お得な設定となっています。

1期募集:1000口

口数販売価格
0.5口1.5万ドル
1口3万ドル

2期募集:1000口

口数販売価格
0.5口1.75万ドル
1口3.5万ドル

3期募集:800口

口数販売価格
0.5口1.75万ドル
1口3.5万ドル

登録料

別途登録料として、2940ドルが必要となります。

元本回収期間

1期で購入した場合、以下の様になります

  • 1口購入した場合、約6ヵ月で元本回収見込み
  • 0.5口購入した場合、約7.5ヶ月で元本回収見込み

元本回収後は全て利益です。

AG/TGが続く限り永続的に権利収入として毎月配当が入ってきます。
10年それ以上続くと考えております。

お問合せ

本オンラインパチンコ・パチスロオーナ権利にご興味がある方は、下記LINE@へご参加頂き、「パチンコオーナー」とメッセージ下さい。

詳細資料や最新情報、Q&Aなどを行っているLINEクループにご招待いたします。

友だち追加

IDで検索はこちら→「@vez9952v」

-オーナー権利
-, , , , ,

テキストのコピーはできません。

Copyright© ネットで副業始めよう! by CryptoInfoCube , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.